つわりで歯磨きつらい時には葉酸で虫歯予防ができるのか!?

つわりで歯磨きつらい時には葉酸で虫歯予防ができるのか!?

つわりで歯磨きつらい・・・それでも口内は清潔にすることが大事です。

 

つわりのせいで歯磨きつらいという状態であり、吐き気を催してしまうこともあるでしょう。ただ、妊娠中は虫歯になりやすくなっているものなので、歯磨きが辛くてもしないわけにはいかないのです。

 

虫歯菌というのは、女性ホルモンを栄養にして増えてきます。そして、唾液の質も変わってきて粘度も増してくるため、虫歯菌も活発に動くようになってしまうのです。それにつわりの時期には、その対策として食事回数を増やす妊婦の方も多いので、口の中の環境が酸性になることによって、歯の再石灰化が弱まってしまい虫歯になりやすくなるということです。

 

虫歯は、歯の表面についた歯垢(プラーク)に、虫歯をつくるミュータンス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出します。この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に穴をあけます。これが虫歯の始まりです。

引用元:虫歯になる条件

 

虫歯になってしまえば、妊娠中には治療を行うことも難しいことから、普段から口内を清潔に保つ必要があります。

 

妊婦も大事!虫歯を予防するにはどうすれば良いのか

妊婦の方にとって大事な葉酸は『血を作るビタミン』とも言われていますが、実は美味しいイチゴの中にも含まれています。イチゴの赤い色はアントシアニンといってポリフェノールの一種であり、抗酸化作用があるのです。それに、イチゴには虫歯予防をすることのできるキシリトールが含まれます。

 

そのため虫歯の原因となるミュータンス菌を減少させる効果も期待できるでしょう。そういったことから、イチゴを食べることで葉酸を摂り、キシリトールを摂取して虫歯予防をすることも1つの手段ではないでしょうか。ただ、葉酸自体が虫歯予防に効果があるのかという点については、はっきりとわかっていません。

 

つわりが酷くて歯磨きつらいならば、体調が優れている時に歯磨きをするという対策法はいかがでしょうか。歯を磨くのはいつでなければいけないという決まりがあるわけでもありませんし、吐き気を催してしまう時などには控えることも大事です。

 

また、歯磨きつらい状況ならば歯磨き粉の匂いによって吐き気が起きてしまうこともあるので、匂いが抑えられていて使えるような歯磨き粉に変更することも手段です。さらに、デンタルリンスや水だけでうがいをすることも効果があるでしょう。そして、妊娠中は虫歯になりやすくなっていますし、できるだけ定期的に歯科医を受診することもおすすめです。

 

葉酸そのものが虫歯予防に効果があるのかどうかはわからない!

妊婦の方はつわり対策として食事回数を増やすことがあります。つまり、そうなると口内環境が酸性となり、歯の再石灰化が弱まってしまうということがあるのです。

 

それによって虫歯になりやすくなることもあるでしょう。これまでご紹介した通り、葉酸も含まれているイチゴにはキシリトールが配合されているため、歯磨きつらいと言う時の虫歯予防にもなります。

 

ただ、葉酸自体が虫歯を防ぐことに繋がるかどうかは判明していません。しかし、葉酸は妊婦さんに必須の栄養素です。同時に葉酸も摂れれば一石二鳥ではないでしょうか。

 

まだ葉酸サプリの重要性を知らない方は今からでも遅くありません。こちらを必ずお読みください。

ララリパブリックを最安値で購入する方法とは?

ララリパブリックの商品画像

ララリパブリックは一般のスーパーやドラッグストア等では販売していません。インターネット通販限定の商品になります。通常の単品購入だと3,980円ですが、定期購入だと25%割引の「2,980円」で始めることができます。もちろん送料無料で、いつ解約してもOKなので定期購入が断然お得です。この定期購入を選択できるのは「公式サイト限定」です。ちなみに私も定期購入で購入しました♪
単品購入の場合:3,980円
定期購入の場合:2,980円
【最安値】公式サイトはこちら

関連ページ

吐きづわりで偏食しがちな時に効率よく葉酸を摂る方法【まとめ】
吐きづわりで辛いときは偏食ぎみに陥ります。それを気にする妊婦さんは少なくありません。そんなときでも効率よく葉酸を摂取する方法を教えます。